So-net無料ブログ作成
櫻井よしこ ブログトップ

櫻井よしこ氏の意見を聞いてみよう~何言っているの? [櫻井よしこ]

櫻井よしこ氏の意見を聞いてみよう~何言っているの?


戦争抑止のためであり、戦争法案ではない 

櫻井よしこ氏早期成立へ声明


平和安全法制の早期成立を求める国民フォーラムの記者会見で、


13日午後、東京・永田町の憲政記念館で趣旨説明を兼ね

櫻井よしこ氏あいさつする




スポンサードリンク









ジャーナリストの櫻井よしこ氏ら保守系の有識者らが13日、

平和安全法制の早期成立を求める国民フォーラムを設立し、


安全保障関連法案は戦争を抑止するためであり、

戦争法案ではない。

一刻も早く平和安全法制を確立することを強く要望するとの声明を発表した。



フォーラムの設立は櫻井氏や杏林大の田久保忠衛名誉教授らが呼びかけ、

11日までに大学教授や弁護士、財界人ら318人が賛同。

13日に都内で行われた記者会見には、櫻井氏ら約90人が出席した。


櫻井氏は記者会見で

国会で議論されている安保法制の実現こそが、戦争の危険性を下げると、

安保関連法案の意義を強調。

徴兵制の導入につながるとの批判があることについて

いかなる知的基盤に基づいているのか非常に理解しにくいと非難した。

田久保氏も安保関連法案を違憲とする主張に対し

国際情勢に疎い人たちが低い次元で問題を論じていると断じた。





安保法案を米紙歓迎 

中国紙は「民意無視」 

韓国紙「軍事的な正常国家に…」


【安保法制議論】


集団的自衛権の限定的な行使容認を含む

安全保障関連法案が衆院を通過し、

今国会での成立が確実となった。


米紙は、

日米が中国の軍事的脅威への共同対処が可能になるとして歓迎。


中国紙は安倍晋三首相による衆院での法案の強行採決は「民意の無視だ」

などと非難した。

韓国紙は、北朝鮮の脅威をにらみ日本の安保政策の転換を

条件付きで評価しつつも、歴史問題と絡めて日本への不信を表明した。



                  ◇

 □ウォールストリート・ジャーナル(米国)


安保法制の衆院通過に関し、

米メディアは集団的自衛権の限定的な行使容認で

日米が中国の軍事的台頭に共同対処できるようになることを評価しつつも、

政権の法案審議の進め方を問題視している。

 
ウォールストリート・ジャーナル紙は18、19両日付の社説で

日本は70年間にわたり米国の安全保障の傘の下にあったが、

法案により自国と同盟国が脅かされた場合に共闘し、

東アジアの安定と民主主義を守れるようになると評価した。



スポンサードリンク























































































タグ:櫻井よしこ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
櫻井よしこ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。