So-net無料ブログ作成
検索選択
桜島噴火 ブログトップ

桜島噴火 火道拡大か・気象庁 桜島、従来規模上回る噴火 [桜島噴火]


気象庁 桜島、従来規模上回る噴火火道拡大か


レベル3(入山規制)噴火警戒レベル

レベル4(避難準備)

レベル5(避難)




スポンサードリンク










気象庁は15日午後、鹿児島県・桜島でこれまでの規模を上回る噴火が起きた場合、

噴火警戒レベルを4(避難準備)からさらに5(避難)に引き上げ、

鹿児島市が桜島全域の住民を避難させる事態も想定していることを明らかにした。
(時事通信)




レベル5、全域避難も想定=桜島、従来規模上回る噴火で―火道拡大か・気象庁



気象庁は15日午後、鹿児島県・桜島でこれまでの規模を上回る噴火が起きた場合、

噴火警戒レベルを4(避難準備)からさらに5(避難)に引き上げ、

鹿児島市が桜島全域の住民を避難させる事態も想定。
 
現状では、

桜島の対岸に位置する鹿児島市街については、

火山灰が降る可能性はあるが、

大きな被害が生じることは考えられないという。


一方、鹿児島市は15日午後、火口南側に位置する有村町と古里町、

黒神町の一部地域に出していた避難準備情報を避難勧告に切り替えた。

市は同日午前、島内2カ所に避難所を設置したが、

同日午後、さらに島内に1カ所、島外の市中心部にも1カ所設置。

午後5時時点で、島内の2カ所に計23世帯34人が避難した。


桜島では、昨年9月に長野・岐阜県境の御嶽山で起きたような

地下水がマグマに熱せられて起きる水蒸気噴火ではなく、

マグマが直接噴出するマグマ噴火が日常的に起きている。


気象庁の小泉岳司火山対策官によると、

桜島の南岳直下で15日午前7時ごろから火山性地震が多発し、

山体膨張を示す急激な地殻変動が観測されたのは、

海面下4~6キロにあるマグマだまりからの上昇圧力が高まっているため。

マグマの通り道である火道を広げようとして岩石が割れ、

地震が起きているのではないか」という。



スポンサードリンク










































































































タグ:桜島噴火
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
桜島噴火 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。